ひめキュンフルーツ缶|愛媛県のご当地アイドル|全国マップ|全国ご当地アイドル図鑑

トップページ » 全国マップ » 愛媛県のご当地アイドル » ひめキュンフルーツ缶

ひめキュンフルーツ缶

ひめキュンフルーツ缶画像

コンセプト

ライブハウス松山サロンキティを運営する伊賀千晃(ジャパハリネットプロデューサー)が、キティビル5Fのキティホールを本拠地とした地元アイドルを作るため、友人のメディアプロデューサー・西村重夢と共に立ち上げたアイドルプロジェクト。
その後、脚本家・酒井直行が両親の介護のために松山に帰郷した際、地元の疲弊を感じ活性化のためプロジェクトに参加。

概要

2010年8月に愛媛県内に住んでいる10歳から20歳までの女子を対象にオーディションを開催。

合格者14名「ひめキュン(正規メンバー)」7名、「ひなキュン(研修生)」7名(大原歩は正規メンバー合格だったが当時小学生のため、ひなキュンへ加入)は週3回のペースでレッスンを重ね10月からは松山キティホールを拠点に月1~3回のペースで定期公演を行いつつ、市内の商店街やボウリング場、車の展示場などのイベントに参加し、生ライブを行ったり愛媛の観光や特産品のPRなど地元に密着した活動を行った。
翌2011年にはCDデビューが決定し、リーダー阿部愛友実、センター岡本真衣などのオリジナルメンバー6名と、ひなキュンより昇格した谷尾桜子、菊原結里亜の2名を加えた計8名で1stシングル「恋愛エネルギー保存の法則」を発売した。
その後2011年11月に当時ナンバー4の長谷部萌香が学業専念のため卒業。

さらに2012年3月にはリーダーの阿部愛友実とソロパート担当の渡部恵美奈がソロで活動するため卒業。
主力メンバーの相次ぐ卒業により解散寸前にまで追い込まれたが、早急に5人体制の新生ひめキュンの形成を開始し、よりハイレベルなダンス&ボーカルを追及したレッスンを行った。

徐々にハードなロックナンバーが増えていき、「ロックアイドル」としての地位を確立した2013年にはついにメジャーデビューを発表。
2代目リーダー谷尾桜子、センター岡本真衣など5人のキャラ役割も色濃くなり、全国メディアへの露出も増えた。
また、2011年にはひなキュンより選抜した4名で姉妹グループ「nanoCUNE」を結成。さらに2012年にはひなキュンより選抜した2名で2組目の姉妹グループ「FRUITPOCHETTE」を結成。

さらに2013年には一般公募より募った14名で3組目の姉妹グループ「AiCune」を結成した。ひなキュンは解体により、ひめキュングループのメンバーは全員いづれかのユニットに参加している。

お問い合わせ先

下記公式サイトからどうぞ

公式サイトはこちら
ひめキュンフルーツ缶・ 愛の葉ガールズ


LINK

  • 黒毛和牛 ステーキ
    「生産者」にこだわり厳選された牛を買い付け。市場との直接取引で低コストを実現。徹底した品質管理。味・価格・品質の3拍子が揃った、プレミアム牛をお届けしています。合わせて中津留ネットショップもご利用ください。
    www.nakatsuru.com/